ハンナ・ホワイティング職員は2015年に当社に入社し、現在は貴金属部門で働いています。

これまでの経歴を教えてください。

Colchester Institute Collegeのキャリアアカデミー履修の一環で、個人金融と企業金融を専門として経営学を最初に学びました。その後Essex大学へ進学して学士課程で金融を専攻し、評価2.1を達成しました。

当社のどこに魅力を感じましたか?

卒業後の目標の一つは、大学の専攻分野に関連する仕事を始めることでした。就職イベントでTrilandの商品とサービスが私の分野に関りが深いことが分かり、デリバティブについて時間をかけて勉強しました。

他のプログラムと比較しTrilandの新卒者研修プログラムは非常に特徴的で、研修中はローテーションで各部門を経験できます。プログラム終了までに各部門のオペレーションや会社全体に関する幅広い知識が身に付きます。

Trilandに入社する研修修了者として、当社はこのプログラムに大きな価値を置いていると感じました。採用選考プロセスは非常に迅速で効率的でした。応募してから職務のオファーを受けるまでにかかった期間は3週間でした。

どの部署で勤務されているのですか?

2016年7月から貴金属部門で勤務しており、2017年4月からはトレーダーとして働いています。

主な担当職務は何ですか?

貴金属部門の日々の業務をアシストしています。既存のお客様のご要望への対応や取引に関連するリスク管理を担当しています。

当社で働くことの最も大きな喜びは何ですか?

9ヶ月の研修プログラムを通じて大半の社員と共に働き、比較的早い時期に皆とファーストネームで呼び合うようになりました。オフィスのレイアウトや環境は心地良く、疑問があった際に担当の社員に質問し易い雰囲気があります。こうした環境でお互い学び合うことができる為、社内での知識の共有や効率的な業務遂行に役立っていると思います。

入社してから学んだ最も重要なことは何ですか?

2015年に入社して以来現在まで、学んできた最も重要なことは質問することです。決して憶測に頼らず、分からない時は同僚に尋ねることが大事です。当社には知識や経験が豊富な社員が大勢いますので、力を借りるべきです。又、その内理解できるだろうと期待するよりも、直ぐにその場で質問するほうが簡単だということも分かりました。

当社での将来の希望を聞かせて下さい。

これからも自分の職務で能力を向上させ、新たな知識やスキルを習得することを希望しています。又、部門の今後の発展を支える力となり、当社の成長や成功に貢献したいです。

当社へ応募を検討している方にアドバイスはありますか?

新卒者対象の就職イベントに参加し、候補者を見つけるお手伝いをした私からの最大のアドバイスは、当社やLMEについて事前に調査し、会社の事業に関して基本的な知識を付けること、そして、当社と連絡を取る最初の段階から選考プロセスは開始していることを肝に銘じることです。プログラムへの参加が決まったら、身に付けた知識とオープンな気持ちで臨み、プログラム修了時に配属部署が決定される際にも、オープンな姿勢を忘れずにいてほしいです。