当該金額は金属毎に異なりますが、通常は清算機構が定める固定価格となっており、契約価額の5%程度に設定されています。